決算変更届サービス | 大阪府建設業許可申請サポートセンター|建設業ドットビズ
大阪府の建設業許可は、スピード申請代行が自慢の行政書士オフィスNにお任せ下さい! 大阪市、東大阪市、堺市

決算変更届サービス

  • HOME »
  • 決算変更届サービス

建設業者様、決算変更届を毎年提出していますか?

こんにちは。大阪府で建設業許可申請専門行政書士として活動している、繁盛工務店クリエーターの長島です。

建設業許可光速申請請負人の長島です。

ところで、決算変更届は毎年提出されていますか?

決算変更届とは、御社が決算期終了後4カ月以内に、決算報告を役所に届ける大事な申請です。

いわゆる年次報告となりますが、「建設業許可更新申請に必要不可欠な届出」

となっております。

実は、建設業界では、この決算変更届を、

「5年に1度の更新の時に、まとめて出せばええねん。」

という「悪しき業界慣習」があります。

私がなぜ、「悪しき業界慣習」と書かせていただいた理由は単純。「建設業法違反」だからです。

建設業法違反ですから、誰かが御社を告発する際の格好のネタになります。

もちろん、御社が犯罪を犯すようなことはしないとは思いますが、「足元をすくわれる可能性」は十分にあるわけです。

例えば、工事請負契約トラブル等で、御社と相手方とで特に問題なく解決したとしても、相手方の下請業者さん等利害関係者を中心に、誰かが御社の足を引っ張ることは十分に考えられます。

また、御社が、工事受注するのに相見積もりで競合し、御社が勝った場合、競合に負けた業者さんが役所でオープンになっている御社の建設業許可書類の閲覧をかけて、「あっ、ここ決算変更届を毎年出してへんわ。大阪府に言うたろ。」となるかもしれません。

そうなると、当然役所は決算変更届を毎年題していないことに対する違反行為で何らかの処分を科するでしょうし、他にも違反はないか、調査に入ります。

真っ当にマジメに工事をこなしていても、毎年決算変更届を出さないことだけで、「痛くもない腹を探られる」わけです。

ですから、毎年決算変更届は必ず提出しましょう。決算変更届は、毎年提出が必要です。忘れると、建設業法違反ですし、建設業許可更新申請ができません。

それでも、出さない業者さんはたくさんいます。

その中で、御社が毎年法律通り決算変更届を出していますと、

「コンプライアンスを重視している業者さんやな」

と評価される可能性があります。

そして、元請けさんや仕事仲間からも信頼を勝ち取れる可能性があります。

「毎年決算変更届を出す」という当たり前のことをするだけで、信用できる業者さんと評価されるのであれば、やらない手はないですよね。

また、御社で経営事項審査を受ける予定があれば、「経営事項審査を受けるスタイルで決算変更届を作成する必要」があります。

これも意外と面倒で、いろんな業者さんで「よくわからんからちょっと見てほしい」とご相談があります。

経営事項審査申請、建設業許可更新申請に必要不可欠な決算変更届を、毎年忘れずに提出しましょう。

10年後に差がつく決算変更届

この見出し、どういう意味か疑問に思われる方がたくさんいらっしゃるかと思います。

この決算変更届、提出さえしてしまえば特に何も言われることがないため、自社でやっていると適当に作りがちです。

しかし、これを続けることで、10年後に差が出てしまいます。

ライバル会社や横並びで頑張ってきた協力会社仲間で、

「あの会社はウチが欲しい業種を取れているのに、何でウチはアカンねん!」

というパターンを数多く見てきました。

これは、「たったひとつの項目」をきちんと仕分けなかったことが原因です。

建設業許可申請に精通した行政書士が作った決算変更届。

御社の将来を左右する大事な手続きです。

プロに任せてみませんか?

また、新規申請は自力でやったけど、今後の手続きが面倒と感じたら、私にお任せください。

途中からの関与でも全然問題ありません!

決算変更届申請につき、長島に任せてみようと思った方は、下記よりお電話ください。

大阪でNo.1の建設業許可申請専門行政書士の長島へは、この電話番号からコンタクトをお願いします。

(スマートフォンはタップで発信します。)

1日たったの22円で役所一発受付率100%の専門家が対応!

上記のような、

・許可申請時期に合わせて、着実に期限管理をしてくれる

・決算変更届等建設業許可維持に関する必要な手続きの連絡をしてくれる

・10年後に差がつく決算変更届を作成してくれる

サービスを提供する、建設業許可光速申請請負人の長島が提供する決算変更届は、報酬4万円(税別)でお請けさせていただいております。

建設業許可取得にかかる専門家費用を1日当たりに換算すると、約22円です。

※1日あたり22円の計算根拠=報酬4万円(税抜)÷60カ月(5年)÷30日(1カ月)

1日当たりたった22円で確実に建設業許可取得に導いてくれる専門家に依頼することができます。

従業員さんに頼むと、日給最低8,000円、社長ご自身だと、最低20,000円の工事受注を逃すこととなり、さらに作業日数分だけ掛け算することになります。

これで、いかに建設業許可申請手続きが面倒かつ非生産的な業務であることがよくわかるかと思います。

作業が売り上げに直結しない、面倒な建設業許可申請は、最短3日で申請完了実績のある建設業許可光速申請請負人の長島に任せて、御社は本業に集中してください。

品目 報酬(税抜) 実費 合計
建設業決算変更届 4万円 約1,000円 約4.1万円

※詳細なお見積もりは、もちろん無料でお出しします。

お客様の声

三宝工業様

知り合いの同業者が建設業許可を取ったので、「ウチも取りたいな。」と考えるようになり、最初は自力でやろうと思って、書類集めに取り掛かりました。兵庫県知事建設業許可業者 三宝工業様 とび・土工工事業

しかし、申請書提出へ持ち込めないことが分かり、長島先生へ相談をかけたところ、自分では気づかなかった経歴を使ってくれて、無事に申請まで持って行ってくれました。

「建設業許可申請に裏技はないですが、勘所を利用したテクニックはあります。」と話していたのは、この事かと納得しました。そして無事に許可が取れたので、ホッとしております。

自分では気づかない経歴や保有資格を掘り下げてくれるので、まずは長島先生に相談するのが建設業許可取得の早道だと思います。

今後ともよろしくお願いします。

有限会社大城工業様

建設業許可を維持できるかどうかが分からず、ずっと思い悩んでいました。大阪府知事建設業許可業者 有限会社大城工業様 とび・土工工事業

一人で悩んでいても仕方がないので、近所の長島先生に相談したところ、「難しいですが、不可能ではない考えます。明日必要書類をFAXしますから、一日でも早く証拠書類を集めましょう。」と力強く話していただきました。

相当難しかったようで、先生もかなり悩まれていましたが、当方も先生を信じたところ、建設業許可を維持することができました。

先生にたどり着くまで、「難しいです。」「番号維持はあきらめましょう。」という見解をたくさんもらった中で、「まずはあきらめずに考えましょう。」と話してくれた先生を選んで良かったです。

先日、建設業許可更新も済ませることができ、安心して経営することができます。

今後ともよろしくお願いします。

現在、更新手続きをしなければならないけど、5年分まとめて提出しようにも時間が無い!という方は、

今すぐ下記までお電話ください!

私もすぐに無料出張相談に向かわせていただきます。

大阪でNo.1建設業許可専門行政書士の長島は、いつでもお客様のご相談をお待ち致しております。


建設業許可のご相談は今すぐお電話を! TEL 06-4981-7827 月曜~日曜7:00~23:00

PAGETOP