行政書士報酬を安くしたい方へ、ライトサポートプランをご利用ください!

こんにちは大阪府で建設業許可申請専門行政書士として活動している、繁盛工務店クリエーターの長島です。

建設業許可光速申請請負人の長島です。

最近は、多くの建設業者様が、私のもとにご相談にいらっしゃいます。

「建設業許可を取って、会社を大きくしたい!」

「事業拡大するから業種追加をよろしく!」

「経営事項審査の点数アップに力を貸して!」

夢や希望を胸に、明るく楽しそうに相談をいただくことで、こちらも熱のこもったアドバイスをさせていただいております。

一方で、

「いつも1現場50万円くらいやから、建設業許可はいらんねんけど、持っていない業者は取引しないといわれてるねん。」

「早く建設業取らないと、上から次の仕事はないと言われてしまった!」

と、1日でも早く建設業許可を取らないと、事業継続が難しいといった、切羽詰まった社長様のご相談も多くお受けしております。

また、最近の傾向として、取引先のコンプライアンス意識の向上から、今まで全く問題にならなかった、工作機械商社様やメーカー様までもが、機械器具設置工事業許可を求められるケースが増えております。

想定外の出費と手間を、抜き差しならぬ状態で降ってわいたことになるため、社長様から、

「これだけ豊富なアドバイスをもらったから、絶対に先生に任せたいんやけど、もうちょっと安くならへん?」

という相談をよく受けます。

私は、お見積りするときは必ず書類作成、証拠書類チェック、公文書集め、申請までのフルサポートプランで提出しております。

フルサポートプランであっても、他の行政書士事務所よりお安くさせていただいており、ご利用いただいたお客様からは、ありがたい評価をいただいており、自信を持ってお勧めしております。

お客様の声はこちら!

ですから、私も、「フルサポートで動くとなると、どうしてもこれくらいはかかってしまうから、値引きは難しいです。その分、猛スピードで処理しますよ。」とお返事しております。

私の返事に対し、「そしたら、ウチである程度動くから、先生と役割分担しましょ。」とご相談をされたことから、思いつきました。

お客様とで役割分担をさせていただき、私の建設業許可申請書作成は、非常に多くの書類作成の時間と、許可取得のノウハウが必要となります。仕事の分量が減らせられれば、品質はそのままで、お値段を安くできると考え、新たなサービスを開発しました。

それは、「建設業許可申請ライトサポートプラン」です!

これですと、フルサポートプランよりも軽い費用負担で、確実に建設業許可申請にこぎつけられるようなサービスをご提供できると思います。

 

とにかく、まず電話して聞いてみようと思われた社長様、

大阪でNo.1の建設業許可申請専門行政書士の長島へは、この電話番号からコンタクトをお願いします。

までご連絡ください。

スマートフォンの方は、タップで発信できます。

フルサポートプランとライトサポートプランの違い

では、ライトサポートプランとフルサポートプランの違いは、何でしょうか?

それは、下図の通りとなっております。

行政書士長島の関与 フルサポートプラン ライトサポートプラン
書類作成、押印指示 関与します 関与します
建設業許可申請アドバイス 関与します 関与します
証拠書類チェック 関与します 関与します
公文書発行段取り 関与します 関与しません
公文書発行請求 関与します 関与しません
大阪府庁、兵庫県庁への申請 関与します 関与しません

図に示した通り、フルサポートプランに関しては、初回面談、ご依頼から大阪府庁、兵庫県庁への申請に至るまで、全てを代行します。

ライトサポートプランに関しては、

「身分証明書、商業登記簿謄本等公文書集めと、大阪府庁、兵庫県庁等役所申請は御社でやって頂く!」

ことで、金額をお安くしたサービスとなっております。

しかし、公文書集めと申請以外については、フルサポートプランと同じサービスです。

・行政書士の長島は、書類作成と建設業許可申請にこぎ着けられるように、証拠書類チェックやアドバイス

・役所申請や謄本手配等の作業は、御社側で実行する

というように、しっかりと役割分担をしていただけるお客様には、非常に便利なサービスと自負しております。

「行政書士費用は少し安く、でも確実に建設業許可は欲しい!」とお考えの社長様には、ピッタリのサービスかと考えます。

業務フローは下記のとおりです。

建設業許可申請ライトサポートプラン業務フロー

1.「ライトサポートプランを利用したい!」と言っていただいたうえで、ご面談予約

2.ご面談当日に御社の状況をお伺いして、行政書士報酬をご請求。期限までにお支払い願います。

3.お支払い確認後、面談ヒアリングに応じて建設業許可申請書類作成、必要書類一覧通りに証拠書類集め

4.経営業務管理責任者や専任技術者の証拠書類がそろった時点で、申請条件をクリアしているかのチェック

5.チェック完了後、不足書類や公文書収集を御社で行い、大阪府庁、兵庫県庁へ申請

6.申請受付完了後、受付書類一式をPDFかコピーで当オフィスへ送付

7.建設業許可通知書が御社に届いて、業務完了。通知書をPDFかコピーで当オフィスへ送付

「建設業許可申請ライトサポートプランを使いたい!」と思った社長様、

大阪でNo.1の建設業許可申請専門行政書士の長島へは、この電話番号からコンタクトをお願いします。

までご連絡ください。

スマートフォンの方は、タップで発信できます。

気になるお値段は?

建設業許可ライトサポートプランは、以下の料金表でお受けいたしております。

品目 報酬(税抜)
建設業許可新規申請 11万円
建設業許可更新申請 6万円
建設業許可業種追加申請 7万円
決算変更届 2万円
経営管理者、専任技術者変更届 3万円
営業所変更届 2万円
その他変更届 1~2万円

※毎月限定5社のみお受けします。

※郵送代、交通費等実費は別途請求致します。

まずは、私が関与させていただいたお客様の声を載せますので、「建設業許可申請は確実に、行政書士報酬はちょっとお安く」で取得・維持をお考えの方、ぜひご参考下さいませ。

お客様の声

●株式会社大塚設備様(管工事業)

当社が法人成りするに当たり、司法書士さんからのご紹介で建設業許可申請をお願い大阪府知事建設業許可業者 株式会社大塚設備様 管工事業することになりました。

司法書士さんから、「この人に任せておけば大丈夫ですよ。」と太鼓判を押していただいたので、安心していたのですが、その言葉とおり、かなりのスピードで書類作成していただき、登記簿謄本と大阪府税事務所への開業届が取れた翌日に新規申請へ行ってくれました。

個人から法人になる時は、一旦建設業許可が無くなってしまうので、その期間をいかに短縮するかが専門家の腕の見せどころだと、長島先生は話していました。

おかげさまで、最短の期間で建設業許可が取れました。

これからも、建設業許可に限らず、いろいろな相談に乗ってください。

今後ともよろしくお願いたします。

●有限会社大城工業様(とび・土工・コンクリート工事許可)

建設業許可を維持できるかどうかが分からず、ずっと思い悩んでいました。大阪府知事建設業許可業者 有限会社大城工業様 とび・土工工事業

一人で悩んでいても仕方がないので、近所の長島先生に相談したところ、「難しいですが、不可能ではない考えます。明日必要書類をFAXしますから、一日でも早く証拠書類を集めましょう。」と力強く話していただきました。

相当難しかったようで、先生もかなり悩まれていましたが、当方も先生を信じたところ、建設業許可を維持することができました。

先生にたどり着くまで、「難しいです。」「番号維持はあきらめましょう。」という見解をたくさんもらった中で、「まずはあきらめずに考えましょう。」と話してくれた先生を選んで良かったです。

先日、建設業許可更新も済ませることができ、安心して経営することができます。

今後ともよろしくお願いします。

大阪でNo.1建設業許可専門行政書士の長島は、いつでもお客様のご相談をお待ち致しております。