建設業許可申請で必要な書類を教えてください!

こんにちは。

大阪の建設業許可光速申請請負人の長島です。大阪府で建設業許可申請専門行政書士として活動している、繁盛工務店クリエーターの長島です。

私のもとには、多くの一人親方や町の工務店さんが

「建設業許可を取って、会社を大きくしたい!」

「事務員辞めてしまって、更新が近づいてるけど、全然手つかずや!」

「元請けから、この業種で建設業取られへんかと問い合わせがある。」

といった、様々な思いを持って、ご相談にいらっしゃいます。

その際によく聞かれるのが、

「何がいるん?」

ということです。

ここでは、建設業許可新規申請、更新申請、業種追加申請でのお客様で揃えていただく必要がある書類一式を記載しておきます。私に無料出張相談をご依頼いただく際に、書類をご用意いただければ、スムーズなご相談につながると思います。

今すぐお電話される方は、下記電話番号からお電話を!

大阪でNo.1の建設業許可申請専門行政書士の長島へは、この電話番号からコンタクトをお願いします。

(スマートフォンはタップで発信できます。)

また、私にご依頼したときの価格とお客様の声もありますので、ぜひご参考下さいませ。

お客様の声

三宝工業様

知り合いの同業者が建設業許可を取ったので、「ウチも取りたいな。」と考えるようになり、最初は自力でやろうと思って、書類集めに取り掛かりました。兵庫県知事建設業許可業者 三宝工業様 とび・土工工事業

しかし、申請書提出へ持ち込めないことが分かり、長島先生へ相談をかけたところ、自分では気づかなかった経歴を使ってくれて、無事に申請まで持って行ってくれました。

「建設業許可申請に裏技はないですが、勘所を利用したテクニックはあります。」と話していたのは、この事かと納得しました。そして無事に許可が取れたので、ホッとしております。

自分では気づかない経歴や保有資格を掘り下げてくれるので、まずは長島先生に相談するのが建設業許可取得の早道だと思います。

今後ともよろしくお願いします。

有限会社大城工業様

建設業許可を維持できるかどうかが分からず、ずっと思い悩んでいました。大阪府知事建設業許可業者 有限会社大城工業様 とび・土工工事業

一人で悩んでいても仕方がないので、近所の長島先生に相談したところ、「難しいですが、不可能ではない考えます。明日必要書類をFAXしますから、一日でも早く証拠書類を集めましょう。」と力強く話していただきました。

相当難しかったようで、先生もかなり悩まれていましたが、当方も先生を信じたところ、建設業許可を維持することができました。

先生にたどり着くまで、「難しいです。」「番号維持はあきらめましょう。」という見解をたくさんもらった中で、「まずはあきらめずに考えましょう。」と話してくれた先生を選んで良かったです。

先日、建設業許可更新も済ませることができ、安心して経営することができます。

今後ともよろしくお願いします。

大阪でNo.1建設業許可専門行政書士の長島は、いつでもお客様のご相談をお待ち致しております。

建設業許可申請に必要な、御社でご用意いただく書類

新規申請、更新申請、業種追加申請で必要になる御社でご用意いただく書類を記載いたします。
ご確認くださいませ。

1.新規申請

  • 5年分ないし7年分の所得税もしくは法人税の確定申告書一式建設業許可が欲しいと思ったら、今すぐ大阪の建設業許可申請専門行政書士の長島までご連絡を。
  • 最大10年分の工事実績の分かる契約書、注文書、請求書等
  • 国家資格もしくは指定学科卒業証書写し
  • 預金残高証明書(必要な場合)
  • 経営業務管理責任者に就任される方の履歴書
  • 会社実印、役員認印
  • 定款(会社の場合)
  • 株主名簿
  • 健康保険証+標準報酬決定通知書(原則、会社の場合)
  • 住民税特別徴収税額通知書(会社用、個人用。原則個人事業主の場合)
  • 雇用保険適用事業所設置届事業主控え(必要な場合)

2.更新申請

  • 前回提出した建設業許可申請書控え一式
  • 5年分の決算変更届一式
  • 変更届一式(必要な場合)建設業許可申請書は数十枚にも及び、かつ膨大な資料が必要です。建設業許可専門行政書士の長島にお任せください!
  • 会社実印、役員認印
  • 定款(前回から変更が出た場合)
  • 健康保険証+標準報酬決定通知書(原則、会社の場合)
  • 住民税特別徴収税額通知書(会社用、個人用。原則個人事業主の場合)
  • 雇用保険適用事業所設置届事業主控え(必要な場合)

3.業種追加申請

  • 前回提出した建設業許可申請書控え一式
  • 決算期を迎えた回数分の決算変更届一式
  • 変更届一式(必要な場合)
  • 会社実印、役員認印
  • 健康保険証+標準報酬決定通知書(原則、会社の場合)
  • 住民税特別徴収税額通知書(会社用、個人用。原則個人事業主の場合)
  • 雇用保険適用事業所設置届事業主控え(必要な場合)

他にも、役所指示により、必要書類が追加される可能性があることはご承知ください。

これを揃えて、申請書を作って、ご自身で大阪府の場合は、大阪南港WTCまで行く必要があります。

工事現場で一生懸命働いて、営業して、夜に書類作成は可能でしょうか?

「これは面倒やわ~!」と思った社長様、今すぐ下記電話番号からお電話を!

大阪でNo.1の建設業許可申請専門行政書士の長島へは、この電話番号からコンタクトをお願いします。

(スマートフォンはタップで発信できます。)

 

新規申請なら最短40日で建設業許可業者になれます!更新申請、業種追加申請なら最短3日で申請へ向かいます。

気になるお値段は?

建設業許可を初めて申請する場合、更新する場合、業種追加申請する場合につき、一人役員の会社の場合ですと、ほとんどのケースで、以下の料金表でお受けいたしております。

品目 報酬(税抜) 実費 合計
建設業許可新規申請 16万円 約10万円 約26万円
建設業許可更新申請 7万円 約6万円 約13万円
建設業許可業種追加申請 8万円 約6万円 約14万円

※詳細なお見積もりは、もちろん無料でお出しします。

建設業許可申請手続きでお悩みの方、お急ぎの方は今すぐ下記番号へお気軽にお電話くださいませ。

大阪でNo.1建設業許可専門行政書士の長島は、いつでもお客様のご相談をお待ち致しております。